言語変更ボタン
  • 小
  • 中
  • 大
  • 白
  • 青
  • 黒

景観マスタープラン

由布市景観マスタープラン

※左とじ両面印刷用です。
1.表紙 (PDF)
2.由布市における景観形成の理念 (PDF)
3.湯布院地域の景観まちづくり (PDF)
4.庄内地域の景観まちづくり (PDF)
5.挾間地域の景観まちづくり (PDF)
6.景観まちづくりの実現に向けて (PDF)

■景観マスタープランとは?

景観形成やまちづくりの基本的方針を示すものです。今後はこの方針に従い、具体的なルールを定めていきます。

■景観マスタープランの内容は?

『住み良さ日本一のまち』を目標に、主要な柱として・・・

1.自然や地形によって育まれた景観を守り続ける。
2.地域固有の歴史や文化、営みを尊重した景観を創り、育てる。
3.これまで培ってきた景観まちづくりの精神とルールを受け継ぐ。
4.住みたくなる、住み続けたくなる景観まちづくりを進める。

の4項目を掲げ、由布市全体の方針とともに、湯布院、庄内、挾間の地域ごとに特色のある景観を維持・保全・形成していくための個別方針を定めています。特に湯布院地域では土地利用や景観の問題が深刻化しているため、より詳細な内容となっています。

■今後はどうなるの?

方針実現のための具体的な方策については、地域ごとに『景観協議会』を組織し、市民の方々と協働で協議したいと考えています。その協議を経て市の都市・景観政策に反映をさせていきます。
既に湯布院地域では協議会が組織されており、今後は、庄内・挾間地域についても景観まちづくりに関する協議会を組織し、市民と行政が一体となった景観まちづくりに取り組んでいきます。

お問い合わせ

建設課都市計画・景観係(本庁舎新館2階)
電話:097-582-1273