言語変更ボタン
  • 小
  • 中
  • 大
  • 白
  • 青
  • 黒

都市計画マスタープラン

由布市都市計画マスタープランは、基本理念として『地域ごとの個性を大切にし、自然・人・文化が交流するまち ゆふ』を掲げ、基本方針として以下の5項目を由布市全体の方針として定めています。

①自然、人、文化が地域間で交流、連携するまちづくり
②地域ごとの個性にあわせた、快適に暮らすことができるまちづくり
③自然環境や田園景観を守り、育てるためのまちづくり
④環境の「質」を高めるまちづくり
⑤市民が主役のまちづくり

また、挾間、庄内、湯布院の地域ごとに特色のあるまちづくりを推進するために個別の将来像を以下のとおりを定めています。

挾間地域は、『人と自然が共生する文化交流のまち はさま』
庄内地域は、『人と自然が連携する安らぎのまち しょうない』
湯布院地域は、『人と自然が調和する癒しのまち ゆふいん』

都市計画マスタープランの詳細については、下記PDFをご覧ください。

今後はどうなるの?

まちづくりの推進方法の基本方針として、以下の5つを定め、将来都市像に向け、市民等・事業者・行政が一体となったまちづくりに取り組んでいきます。

①協働によるまちづくりの推進
②市民参加による市民全体のまちづくりの推進
③まちづくりの推進体制の確立
④まちづくり制度の確立・活用
⑤都市計画マスタープランの活用と進行管理

お問い合わせ

建設課都市計画・景観係(本庁舎新館2階)
電話:097-582-1273