言語変更ボタン
  • 小
  • 中
  • 大
  • 白
  • 青
  • 黒

災害に備えて

近年は、全国各地で大規模な災害が発生しています。由布市でも、いつ同規模の災害が発生してもおかしくありません。台風や地震の発生を防ぐことはできませんが、被害を最小限にくい止めることはできます。日ごろから、お住まいの近くの避難所をいくつか確認しておくように心がけましょう。また、実際に避難するときに慌てないよう、避難経路についても家庭や地域で話し合っておきましょう。

日ごろの備え

家具等の転倒防止

 たんす・本棚・冷蔵庫などは転倒防止のため、L字金具や針金で固定しておきましょう。

非常持出品の準備

 懐中電灯・ラジオ・水・食糧等いつでも持ち出しやすいように常備しておきましょう。また、常備薬(お薬手帳)や入れ歯など自分に必要なものを備えて置くことも重要です。

避難先を確認しておく

 最寄りの避難場所や避難経路を確認しておきましょう。また、災害時に親せきや友人などの家に身を寄せることも避難行動の一つです。あらかじめ、そういった場所を家庭内で話し合い決めておきましょう。

防災情報の収集

 テレビやラジオ、インターネットなどを活用し、積極的に防災情報の収集をしましょう。また、防災ラジオの常時接続や防災情報発信ツール(おおいた防災アプリ、大分県安心・安全メールなど)を登録しておきましょう。

避難するときは

避難するときは、火の元を確認、消火し、戸締まりを確認しましょう。
非常時には、車を使わず歩いて避難することが原則です。
避難勧告や避難指示を受けたら、速やかに指定された避難場所などに避難しましょう。また、避難勧告などが発令されていなくても、身の危険を感じたら速やかに避難しましょう。

お問い合わせ

防災安全課(本庁舎本館2階)
電話:097-582-1140