言語変更ボタン
  • 小
  • 中
  • 大
  • 白
  • 青
  • 黒

人・農地プランの実質化について

人・農地プランとは

人・農地プランは、人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」です。
農業が厳しい状況に直面している中で、持続可能な力強い農業を実現するためには、基本となる人と農地の問題を一体的に解決していくことが必要です。
このため、それぞれの集落・地域において徹底的な話合いを行い、集落・地域が抱える人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」である「人・農地プラン」の作成が重要となっています。

実質化の要件

①アンケートの実施

人・農地プランの作成に取り組む地区(以下「対象地区」という)の相当部分について、おおむね5年から10年後の農地利用に関するアンケートが行われていること。

②現況把握

対象地区において、アンケート調査や話合いを通じて、農業者の年齢階層別の就農や後継者の確保の状況が地図により把握されていること。

③将来方針の作成

対象地区を原則として集落ごとに細分化し、5年から10年後に農地利用を担う中心経営体に関する方針を定めること。

上記①~③の要件を満たす地区が「実質化された区域」となります。

お問い合わせ

農政課(本庁舎新館2階)
電話:097-582-1293