言語変更ボタン
  • 小
  • 中
  • 大
  • 白
  • 青
  • 黒

税額算定のあらまし

固定資産を評価し、その価格を決定し、その価格をもとに課税標準額を算定します。


課税標準額 原則として、評価額が課税標準額となります。しかし、住宅用地のように課税標準額の特例が適用される場合や、土地について税負担の調整措置が適用される場合は、課税標準額は評価額よりも低く算定されます。
免税点 同一人が所有する土地、家屋、償却資産のそれぞれの課税標準額が次の金額に満たない場合には、固定資産税は課税されません。


土地     30万円
家屋     20万円
償却資産  150万円

税 率 1.4%

税額等を記載した納税通知書を納税者あてに送付します。納税通知書には、評価額・課税標準額・税額・納期・各納期における納付額・納付の場所などが記載されています。

お問い合わせ

税務課(本庁舎本館1階)
(市民税・軽自動車税等)電話:097-582-1269
(固定資産税)     電話:097-582-1138
(収納)        電話:097-582-1111(内線1114)