言語変更ボタン
  • 小
  • 中
  • 大
  • 白
  • 青
  • 黒

【8月14日更新】新型コロナウイルスのワクチン接種について

由布市では、市民の皆さまの新型コロナウイルスワクチン接種に向けて、国の示す接種順位等に従って、ワクチンが接種できるよう準備を進めています。新しい情報が入り次第、このページや市報・自治文書配布チラシ等でお知らせします。

由布市からのお知らせ

ワクチン接種までの流れ(令和3年6月25日更新)

【STEP①】自宅に接種券が届きます。
由布市から、国が示す優先順位に応じて、順次ご自宅に接種券が届きます。
ご自宅に届く接種券は、ワクチン接種を受ける際に必要ですので、無くさないように大切に保管してください。

【STEP②】予約をします。
かかりつけ医等に相談のうえ、予約をしてください。由布市では、土曜日・日曜日も接種ができるように、公共施設等での集団接種も実施します。
接種の予約に関しては、希望する医療機関または、由布市新型コロナワクチン接種コールセンターにて行うことができます。

●WEB予約システム(24時間対応)
以下のサイトにアクセスし、予約を行ってください。予約枠は順次新たに開放しますが、空きがない場合にはコールセンターにお問い合わせ下さい。
・由布市新型コロナウイルスWeb予約サイト(外部リンク)
・由布市新型コロナウイルスWeb予約サイト(2次元コード)

●由布市新型コロナワクチン接種コールセンター(平日8:30~17:00)
電話が混み合うことがあります。その際には、恐れ入りますが時間を置いておかけ直し下さい。
電話:097-582-1116
一部、市内医療機関で直接予約することもできます。かかりつけの医療機関にご相談下さい。

【STEP③】予約した接種会場でワクチンを接種します。
同じ種類のワクチンを、一定期間をあけて2回接種します。

接種時期について(予定)(令和3年7月15日更新)

国が示す接種優先順位に従って実施します。ワクチンの供給量により変更となる可能性があります。

接種を受けられる場所について(令和3年7月15日更新)

新型コロナワクチン接種券再発行(紛失、転入など)について(令和3年4月26日更新)

何らかの事情により、接種券を紛失等した場合、住民票所在地の市町村が接種券の再発行を行うことになっています。再発行を希望する方は以下をご確認頂き、必要な手続きを行ってください。

対象

以下のような場合は、接種券の再発行申請が必要です。
・接種券を紛失、減失、破損等した場合
・接種券の発送後に、住民票が由布市に変更となった場合
・接種券が届かない場合
・住民票及び戸籍に記載がない場合
・予診のみ券を2回使った場合 等

必要な手続き

手続きについては、下記のお問い合わせ先へご連絡ください。

問い合わせ先・送付先

健康増進課 〒879-5498 由布市庄内町柿原302番地
電話:097-582-1120(直通) FAX:097-582-1343

住民票所在地以外での接種について(令和3年6月25日更新)

新型コロナワクチン接種は、原則、住民票所在地の市区町村で行うこととなっています。ただし、やむを得ない事情がある場合は、所定の事前手続きにより住民票所在地外での接種を行うことができます。他市に住民票があり、由布市での接種を希望する方は以下をご確認頂き、必要な手続きを行ってください。

対象

★由布市へ手続きが必要な方★
・出産のために由布市に里帰りしている妊産婦
・就業のために由布市に居住している単身赴任者
・就学のために由布市に居住している学生 等

★由布市へ手続きが不要な方★
・市内の医療機関や施設に入院・入所中の者
・基礎疾患があり、市内医療機関の主治医の下で接種する者
・副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する者
・市内医療機関からの往診により在宅で接種を受ける者
・災害による被害で由布市に居住している者
・職場や学校等での接種が予定されている者 等

必要な手続き

手続きについては、下記のお問い合わせ先へご連絡ください。

※この届出は接種の予約ではありません。接種予約は別途行ってください。

問い合わせ先・送付先

健康増進課 〒879-5498 由布市庄内町柿原302番地
電話:097-582-1120(直通) FAX:097-582-1343

接種費用等について(令和3年3月8日更新)

由布市からご自宅(住民票の住所)に送付する接種券で、無料で接種できます。

ワクチン接種に関するよくある質問(令和3年3月8日更新)

回答内容は掲載時点での情報であり、今後変更する可能性があります。
■ワクチンについて詳しく知りたい。
厚生労働省ホームページへ(外部サイト)
■持病やアレルギーがあっても接種できますか。
→かかりつけ医にご相談ください。
■いつから予約(接種)できますか。
→ワクチンの供給状況がわかり、予約準備が出来次第皆様にお知らせします。
■由布市外の医療機関で接種できますか。
→市外の病院・施設に入院・入所中の方や単身赴任中の方などやむを得ない事情のある方は住民票所在地以外で接種を受けることができます。

ワクチン接種に関する同意について(令和3年3月8日更新)

ワクチン接種は強制ではありません。新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種は、しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行うことになります。

予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意思で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

現在、何かの病気で治療中の方や体調など接種に不安がある方は、かかりつけ医等とご相談の上、接種をご検討ください。

ワクチンの効果と副反応のリスクについて(令和3年6月25日更新)

ワクチンの効果

国や由布市ではワクチン接種に関して、随時情報提供をしていきます。感染症予防の効果と副反応のリスク等をご理解したうえで、接種を受けてください。

ワクチンを接種することにより、新型コロナウイルス感染症の重症化や発熱やせきなどの症状が出ること(発症)を予防するだけでなく、社会全体で流行することを防ぐことが期待されます。

日本で最初に薬事承認されたファイザー社のワクチンの臨床試験の結果は、95%の発症予防の効果があったとされています。

副反応のリスク

ワクチンを接種すると、接種した部位の腫れや痛み、発熱、頭痛などの症状が起きる場合があります。これを副反応と言います。ワクチンの有効性、安全性については、新型コロナワクチンの有効性・安全性について(厚生労働省ホームページ)をご覧ください。

健康被害救済制度について(令和3年3月8日更新)

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀であるものの避けることができないことから、救済制度が設けられています。救済制度では、予防接種によって健康被害が生じて、医療機関での治療が必要になったり、障がいが残ったりした場合は、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。なお、現在の救済制度の内容については、予防接種健康被害救済制度(厚生労働省ホームページ)をご確認ください。

お問い合わせ・相談窓口

由布市新型コロナワクチン接種コールセンター
・ワクチンの予約
・新型コロナワクチン接種に関する相談
電話:097-582-1116
受付時間:午前8時30分~午後5時(平日のみ)

大分県新型コロナワクチン副反応等専門相談窓口
・医学的知見が必要となる専門的な相談など、市町村では対応が困難な問い合わせへの対応
電話:097-506-2850
受付時間:24時間対応(平日・土日・祝日)

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
・コロナワクチン施策の在り方等に関する問い合わせへの対応
電話:0120-761-770(フリーダイヤル)
受付時間:午前9時~午後9時(平日・土日・祝日)