言語変更ボタン
  • 小
  • 中
  • 大
  • 白
  • 青
  • 黒

2019年工業統計調査を実施します

工業統計調査とは

工業統計調査は、製造業を営む事業所を対象に、1年間の生産活動に伴う製造品の出荷額、原材料使用額などを調査し、製造業の実態を明らかにすることを目的とする政府の重要な調査で、統計法に基づく報告義務のある基幹統計調査です。
 
調査の結果は、中小企業施策や地域振興など、国および地域行政施策のための基礎資料として利活用されます。
 
※調査票にご記入いただいた内容は、統計作成の目的以外(税の資料など)に使用されることは絶対にありません。調査の趣旨・必要性をご理解いただき、ご回答をどうぞよろしくお願いいたします。
 

調査方法

大分県知事から任命された調査員が、5月中旬頃から6月にかけて、由布市内の製造事業所を訪問し、事業所名や従業者数などを確認します。その後、従業者数4人以上の事業所に調査票を配布・回収します。(国から直接郵送で調査票が届く場合もあります。)

 

調査の期日

2019年6月1日現在

 

回答方法

①紙の調査票での回答

②インターネットによるオンライン回答

※オンライン回答は、24時間回答可能となっていますのでぜひご活用ください。詳しい利用方法等については、調査票と一緒に配布される「調査票の記入の仕方」をご覧ください。

 

2019年工業統計調査コールセンター連絡先

【電話番号】0120-805-071(通話料は無料です)
【受付時間】午前9時~午後6時(土・日曜日、祝日を除く)
2019年5月8日から12月27日まで開設

お問い合わせ

総合政策課(本庁舎本館2階)
電話:097-582-1158