言語変更ボタン
  • 小
  • 中
  • 大
  • 白
  • 青
  • 黒

【12月14日更新】国内における米海兵隊との実動訓練(フォレストライト01)日米共同訓練について

訓練情報

概要

九州防衛局より陸上自衛隊は、平成30年度国内における米海兵隊との実動訓練(フォレストライト01)日米共同訓練が、日出生台演習場および十文字原演習場で行うとの連絡がありましたので、お知らせします。


12月1日に県及び関係6市町(別府市、杵築市、由布市、日出町、九重町、玖珠町) で行った九州防衛局長への要請に対する回答がありました。

目 的

陸上自衛隊および米海兵隊の部隊が、それぞれの指揮系統に従い、共同して 作戦を実施する場合における連携要領を実行動により訓練し、相互運用性の向上を図る。

訓練期間

平成30年12月7日(金)~12月19日(水)の13日間

場 所

日出生台演習場および十文字原演習場

訓練実施部隊

(1)陸上自衛隊:約750人(第41普通科連隊)
(2)米海兵隊 :約230人(第4海兵連隊)
(3)米海兵航空:約20人 (第36海兵航空群)

その他

本訓練には、MV-22オスプレイの訓練を組み込んで行われます。

訓練予定

由布市公式ホームページ・各庁舎掲示板に掲示予定

お問い合わせ

由布市対策本部(防衛施設対策室)
電話:0977-84-3111 (内線204)