言語変更ボタン
  • 小
  • 中
  • 大
  • 白
  • 青
  • 黒

大雨に関する注意喚起(自主避難の呼びかけ)について

平成30年7月6日(金)8時19分、由布市に大雨警報(土砂災害)が発表されました。
大分地方気象台によると、九州付近に停滞する前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み大気の状態が非常に不安定となっています。
このため、大分県では7日にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降り、8日にかけて繰り返し大雨となるおそれがあります。
由布市では、7日まで1時間最大50ミリの降雨が予想されています。
また、7日朝6時までの24時間雨量は、多いところで150ミリが予想されています。今後の気象情報に注意してください。
なお、がけや山、河川の近くにお住まいの方で、心配な方や危険を感じた方は、各自であらかじめ決めておいた知人宅等への自主避難を心がけてください。また、市役所への自主避難をする場合は、最寄りの地域振興課へお声掛けください。
危険度が高まった場合、段階的に情報を発信します。(注意喚起→避難準備・高齢者等避難開始→避難勧告→避難指示)
避難準備・高齢者等避難開始や避難勧告は、土砂災害特別警戒区域、土砂災害警戒区域・土砂災害危険箇所や洪水浸水想定区域等の危険区域を対象に発令しますので、あらかじめハザードマップ等で自分の住む地域や現在地の危険性を確認しておきましょう。
下記リンクからハザードマップ・雨量・水位情報等を確認することが出来ます。

お問い合わせ

防災安全課(本庁舎本館2階)
電話:097―582-1111(内線1232)