言語変更ボタン
  • 小
  • 中
  • 大
  • 白
  • 青
  • 黒

請願・陳情

≪傍聴のご案内≫  ≪議会報告会のご案内≫  ≪議会だより≫

請願・陳情ってなに?

請願権は憲法で保障された国民の基本的権利で、国民が国や地方公共団体に対し、一定の希望を述べることをいいます。この請願権は国民の権利であるため、未成年者や法人、外国人など、どなたでも提出することができます。
由布市議会に請願を提出する場合は、議員の紹介が必要です。受理された請願は、議案と同様に委員会等で審議を行ない、本会議で採択か不採択かを議決します。
陳情は、特定の事項についての利害関係を有する住民が、議会等に実情を訴え、当局の適切な措置を要望することです。請願とは異なり、議員の紹介は不要です。由布市議会では陳情も請願と同じ様に扱い、委員会等で審議を行ない、本会議で採択か不採択かを議決します。

請願・陳情の手続き

【請願】
1. 請願書を作製します。請願には紹介議員が必要です。表紙に紹介議員の署名または記名押印、本文に件名、趣旨、提出年月日、請願者の住所、氏名を記載してください。参考様式は下記のとおりですが、特に決まった様式はありません。
2. 定例会の議会開会日の8日前の正午までに、議会事務局に提出してください。
期日を過ぎた場合は、その次の定例会で審査を行います。
≪参考様式≫
seigan
【陳情】
1. 陳情書を作製します。件名、趣旨、提出年月日、陳情者の住所、氏名を記載してください。参考様式は下記のとおりですが、特に決まった様式はありません。
2. 定例会の議会開会日(初日)の8日前の正午までに、議会事務局に提出してください。
期日を過ぎた場合は、その次の定例会で審査を行います。
≪参考様式≫
chinjosho

請願書・陳情書を作成するにあたって

※請願書・陳情書作成の際は、以下の点にご注意ください。

・ 道路・水路・河川など位置を特定するものについては、地図を添付してください。
・ 請願者・陳情者が複数の場合、本文には代表者を記載し、その他の方々の署名を末尾に添付してください。