暮らしの情報

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(初回支給)

※申請期限は、令和4年12月末日までです。

 由布市では、大分県社会福祉協議会が行っている緊急小口資金等の特例貸付における総合支援資金の再貸付(以下「再貸付」とします)を終了した世帯に対して、就労による自立を図るためまたそれが困難な場合は円滑に生活保護の相談等につなげるため「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」(以下「自立支援金」とします)を支給しています。

支給対象世帯

大分県社会福祉協議会が行っている「総合支援資金」を利用したことがある世帯で

・再貸付を借り終わった世帯や令和4年12月までに借り終わる世帯
・再貸付の申請が不承認となった世帯
・再貸付の相談をしたものの申込みに至らなかった世帯
・緊急小口資金及び総合支援資金の初回貸付のいずれも借り終わった世帯

(注)緊急小口資金及び総合支援資金の初回貸付のいずれも借り終わった後に、総合支援資金(再貸付)を申請・利用した方は、総合支援資金(再貸付)を借り終えることが必要となります。
(注)生活保護を受給中の方は、自立支援金の支給対象にはなりません。
(注)求職者支援制度による職業訓練受講給付金との併給はできません。
(注)申請者は、世帯の生計を主に維持している方となります。
(注)緊急小口資金及び総合支援資金(初回・再貸付)を借り終わる方は、各貸付金の最終月まで申請できません。

上記に該当したうえで、下記の(1)~(3)の要件をすべて満たしている世帯

(1)収入要件

申請月における世帯の収入が次の額を超えないこと。
1人世帯 2人世帯3人以上世帯
月額104,600円月額147,000円月額174,600円
※就労等の算定収入
 給与収入の場合は、社会保険料等天引き前の総支給額(ただし、交通費は除く)
 自営業の場合は、売上額から諸経費を差し引いた後の金額(事業収入)
 (注)毎月の収入額に変動がある場合には、収入の確定している直近3か月間又は直前の月の収入額から推計します。
※公的給付等(年金、手当など)
 雇用保険の失業等給付、児童扶養手当等の各種手当、公的年金など
 (注)複数月分の金額が一括で支給される給付等については、月額で算定します。
 (注)借入金や退職金等は収入として算定しません。
 (注)新型コロナウイルス感染症の感染拡大により臨時的に支給等される給付金等は、収入として算定しません。

(2)資産要件

申請日における資産額が、次の額を超えないこと
1人世帯2人世帯 3人以上世帯
627,600円882,000円1,000,000円
(注)資産額は、預貯金及び現金の額です。(株式、投資信託、生命保険や個人年金保険等は含みません)
(注)新型コロナウイルス感染症の感染拡大により臨時的に支給等されている給付金等は、資産に含みません。

(3)求職活動等要件

今後の生活の自立に向けて、ア・イのいずれかの活動を行うこと

ア 「ハローワーク」または「地方公共団体が設ける公的な無料職業紹介の窓口」に求職の申込をして、次の(ア)~(ウ)のすべての求職活動を行うこと
(ア)月1回以上、自立相談支援機関(由布市社会福祉協議会)の面接等の支援を受けること
(イ)月2回以上、「ハローワーク」で職業相談を受けること(職業相談については、電話による相談も可)(コロナ禍における原油価格・物価高騰等総合緊急対策により当分の間は月1回でも可)
(ウ)原則週1回以上、求人先へ応募を行う又は求人先の面接を受けること(コロナ禍における原油価格・物価高騰等総合緊急対策により当分の間は月1回でも可)

(注)求職の申込については、ハローワークへの来所による申込の他、ハローワークインターネットサービスからの申込み(求職登録)も可能です(求職番号がインターネット上で発行されます)。感染防止対策のためにも、インターネットサービスの活用をご検討ください。


イ 求職活動が困難な場合には、生活保護の相談・申請を行うこと

支給額(月額)・支給期間・申請期限

 1人世帯2人世帯3人以上世帯
支給額月額60,000円月額80,000円月額100,000円
支給期間3か月間
※支給が終了した後も支給要件を満たす場合は、再支給の申請を行うことにより、さらに3か月間(最高6か月間)支給することができます。
※再支給についてはこちら(内部リンク)
申請期限令和4年12月31日(郵送の場合、当日消印有効)

申請方法

「由布市社会福祉協議会」の窓口に直接お持ち込みいただくか、郵送でも受け付けをしています。
※窓口に直接お持ち込みいただく場合は、12月28日(水)までの受け付けとなりますのでご注意ください。
※郵送の場合は、書類を印刷・ご記入のうえ、必要書類を添付して次の送付先まで郵送してください。

送付先

〒879-5434 由布市庄内町庄内原365番地1 由布市社会福祉協議会 宛

必要書類

(1)自立支援金支給申請書(様式1)
(2)自立支援金申請時確認書(様式1の2)
(3)世帯全員の住民票の写し(原本)
(4)ご本人確認ができるもの(申請者の方の運転免許証やパスポート、健康保険証の写しなど)
(5-1)(再貸付を借り終わった方、再貸付が不承認となった方)
   総合支援資金の再貸付の決定通知書または不承認通知書の写し
(5-2)(緊急小口資金及び総合支援資金の初回貸付を借り終わった方)
   緊急小口資金及び総合支援資金の初回貸付の決定通知書の写し
(注)5-1、5-2は該当するいずれかをご提出ください。
(注)紛失した方は、再貸付不承認・過去借入状況申告書(様式1の3)を提出してください。様式1の3がない場合は、本市が確認を行いますが、添付資料がある場合よりも審査に時間がかかることがあります。
(6)申請月の収入が分かる資料(世帯全員)の写し
(7)申請日の金融資産が分かる資料(世帯全員)の写し
   お持ちの金融機関口座の通帳の写し(見開きと最新の残高がわかるページの写し)記帳してお持ちください。
(8)受取口座が確認できる通帳やキャッシュカード等の写し(受取口座が(7)の通帳と同じ場合は不要)
 (注)支援金の受取希望口座は、申請書(様式1)に記入してください。
 (注)WEB通帳の場合は、画面の写しで可

※申請の内容によっては、上記のほかに資料を求める場合があります。

様式

関連リンク

このページに関する
お問い合わせ
由布市社会福祉協議会
(申請手続きに関すること)
097-582-2756
福祉課
(その他制度に関すること)
097-582-1265