暮らしの情報

飼い主のいない猫の不妊・去勢手術について
 おおいた動物愛護センターでは、飼い主のいない猫に対して無料の不妊・去勢手術を行う「おおいたさくらネコプロジェクト」を発足しました。猫による環境問題を解決するとともに、猫の致死処分を減らし、1匹でも多くの命を救うことが目的です。
 費用は無料ですが、猫の運搬や、地域での継続的な管理等は地域活動団体が行います。
 また、猫の手術をする前には、地域活動団体の登録が必要です。

 地域活動団体とは、地域に住み着いた飼い主のいない猫に不妊・去勢手術を施して、これ以上繁殖しないようにし、その猫が命を全うするまで、その地域において適切に管理し見守っていく団体をいいます。
 猫に対する感情は人によりさまざまです。猫の世話をする人はルールを守ってきちんと管理をし、猫が嫌いな人や無関心な人は、地域のための活動であることを理解しましょう。

地域活動団体の登録要件

1.由布市内に住所を有する2名以上で組織された団体であること
2.手術する猫は、由布市内に生息する飼い主のいない猫であること(飼い猫は対象外)
3.猫の捕獲は各自で行うこと
4.不妊・去勢手術をした猫のエサやりやトイレの管理を継続的に行うこと
5.不妊・去勢手術する猫が他人の飼い猫であると判明した場合等、問題が生じた場合は、責任をもって対応すること

登録申請・活動の流れ

地域で猫の保護活動を行っている団体は、地域活動団体として市に登録を行うことができます。
※登録を希望する団体は環境課までご相談ください。
1.地域活動団体登録申請書(様式第1号)を市に提出。
2.市から地域活動団体の代表者へ登録決定通知書、登録証を交付。
3.手術申請書(様式第8号)を市に提出。
4.市から地域活動団体の代表者へ手術可能頭数を通知。
5.手術日の前日までに猫を捕獲し、管理札を付け、おおいた動物愛護センターへ直接持ち込む(手術は1泊2日)。
※捕獲器がない場合、無料貸出しをおおいた動物愛護センターで実施しています。
6.おおいた動物愛護センターで手術後、運搬、引き渡し。
7.猫を地域に戻し、エサやり・トイレの管理。

要綱・様式

このページに関する
お問い合わせ
環境課(本庁舎新館2階)
097-582-1310