言語変更ボタン
  • 小
  • 中
  • 大
  • 白
  • 青
  • 黒

年金制度のしくみ

公的年金には2種類あり、日本国内に住所のあるすべての方が加入を義務付けられています。
加入者は、次の区分に分かれます。
 

制度 説明
国民年金 日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人
厚生年金 厚生年金保険の適用を受ける会社に勤務するすべての人

国民年金には、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満のすべての人が加入するもので、老齢・障害・死亡により「基礎年金」を受けることができます。
国民年金の加入者は、次の区分に分かれます。
 

区分 加入者 手続き 保険料の納入方法
第1号被保険者 20歳以上60歳未満の自営業者、学生、フリーター、無職の人等 加入者自身が市役所窓口で行います 加入者自身がおさめます
(納付書・口座振替等)
第2号被保険者 厚生年金保険の被保険者
(ただし65歳以上で老齢年金を受ける人を除く)
勤務先が行います 勤務先の厚生年金制度から納められます
第3号被保険者 第2号被保険者の被扶養配偶者で20歳以上60歳未満の人 扶養している人(第2号被保険者)の勤務先が行います 扶養している人(第2号被保険者)の厚生年金制度から納められます

*詳しくは 日本年金機構のHP(外部リンク)をご覧ください。

お問い合わせ

  • 保険課(本庁舎本館1階)
    電話:097-582-1121