子育て

高等職業訓練給付金

高等職業訓練給付金

母子家庭の母または父子家庭の父が専門的な資格を取得するため養成機関で修業する場合、受講期間のうち一定期間について高等職業訓練促進給付金(生活費)を支給します。また、修了支援給付金を修了後に支給します。

対象者

市内に住所を有する母子家庭の母または父子家庭の父で、次のすべてに該当する方。
・児童扶養手当を受給しているか、又は、同様の所得水準にある方
・養育機関において半年以上のカリキュラムを修業し、対象となる資格取得が見込まれる方
・仕事又は育児と修業の両立が困難であると認められる方
・過去に高等職業訓練促進給付金の支給を受けたことがない方
※生活保護を受けている方は対象者となりません。

対象資格

看護師(准看護師)、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士、その他上記に準じて市長が認める資格

支給期間・支給額

支給期間は上限4年です。条件により対象期間が異なりますので、下記の図をご覧ください。詳細についてはお問い合わせください。

事前相談

支給を希望される方は、養成機関での修業開始前に事前相談をお願いします。


 

 

 

ひとり親家庭高等職業訓練促進資金貸付

上記給付金受給者に対して貸付を行い、5年間県内で就業継続した場合、返還免除となります。

貸付内容

①入学準備金  500,000円
②就職準備金  200,000円

お問い合わせ

(社)大分県社会福祉協議会 電話:097-515-7771

このページに関する
お問い合わせ
(社)大分県社会福祉協議会
097-515-7771