言語変更ボタン
  • 小
  • 中
  • 大
  • 白
  • 青
  • 黒

新型コロナウイルスに関するお知らせ(Information About Coronavirus) 【4月2日更新】

新型コロナウイルス感染症とは

ウイルス性の風邪の一種です。発熱や喉の痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。新型コロナウイルスによる肺炎は、8割の患者は軽症であり、子どもの感染例は比較的少ない状況です。特に、ご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。
新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染によりうつるといわれています。
<飛沫感染>
感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染します。
<接触感染>
感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ると粘膜から感染します。

感染予防対策

由布市全体の取り組み

由布市全体で取り組みましょう!

由布市全体で取り組もう!「手洗い」啓発チラシ みんなで守ろう_「咳エチケット」啓発チラシ
由布市全体で取り組もう!
「手洗い」啓発チラシ
みんなで守ろう
「咳エチケット」啓発チラシ

受診の仕方

国内での感染拡大防止のため、受診の際には以下の点に御協力ください。

  1. 発熱や風邪症状があるとき
    ○発熱したときは、体温計で熱を測りましょう
    ○まずは、かかりつけ医に電話して風邪の症状等を伝えてください
    ○できる限り、マスクを着用して、受診してください
    ○風邪症状が見られるときは、無理をせず学校や会社を休み、外出を控えましょう
  2. 治療しているにも関わらず、下記に当てはまる方は、中部保健所由布保健部(電話097-582-0660)にご相談ください。新型コロナウイルス感染の疑いがあれば、診療体制の整った医療機関「帰国者・接触者外来」への受診をご案内します。
    ○風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている
    ○強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

※高齢者や基礎疾患等のある方、妊婦の方は、上の状態が2日程度続く場合
※流行地(中国湖北省・浙江省、韓国大邱広域市・慶尚北道清道郡)に渡航歴がある場合や渡航歴のある人との濃厚接触があり、発熱と呼吸器症状がある場合も最寄りの保健所にご相談ください(濃厚接触とは同居や長時間の接触(車内、航空機内等を含む)であり、すれ違った程度は含みません)。

  • 「こまめな手洗い」「人混みでのマスク着用」が有効です。
  • 手指消毒薬を活用しましょう。
  • 咳や鼻水、喉の痛みなどの呼吸器症状がある場合は、マスクを着用しましょう。
    マスクがないときは、手でおおうのではなく、肘の内側でくしゃみを「ブロック」しましょう。

相談窓口
〈受診や予防に関する相談〉 24時間対応
中部保健所由布保健部 ℡097-582-0660
〈それ以外の相談〉
大分県庁 新型コロナウイルス相談窓口 ℡097-506-2775

由布市新型コロナウイルス感染症対策本部

公共施設の利用制限等について

子どもの心理的ストレスと対応について

新型コロナウイルス感染予防に関する行事等の中止・延期等について

手作りマスクについて

医療機関の皆さまへ

診療の際の参考として、以下のリンク先をご覧ください。

介護保険事業所の皆さまへ

商業・観光業者の皆さまへ

由布市観光事務調整会議(新型コロナウイルス連絡対策会議)の開催について